爪水虫は決して自然治癒しません


爪水虫は決して自然治癒しません

あなたの爪
クリアネイル最初は爪の先端だけが濁る感じの
爪水虫だったと思います。
それがどんどん爪の奥へと広がって来ていませんか?

爪水虫の治療期間はDr.G’sクリアネイルを塗って
犯されている部分が完全に生え変わるまでです。
足の爪は1ヶ月に1.5mmしか伸びません。
3mm侵食していたら2ヶ月かかります。

爪の中に入った水虫菌は爪の奥へ奥へとどんどん侵食。
爪水虫の治療開始を1ヶ月遅らせると感染範囲が大きくなり、
治療期間はさらに長くかかります
当然、薬の量ももっと多く必要になります。

爪水虫治療開始を遅らせるデメリットはあっても
メリットは全くありません。


おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ
タグ:水虫 爪水虫

Dr.G’s クリアネイルの特徴


Dr.G’s クリアネイルはKenneth B.Gerenaich博士
"Dr.G(ドクターG)"によって開発された、

副作用の心配がない、爪水虫専用の外用薬です。
内服薬は肝臓・腎臓に負担がかかる恐れがあることから、
何とか塗り薬で安全に爪水虫対策ができないか?
という声からDr.G’s クリアネイルが生まれました。

“素早い浸透技術”で特許を取った唯一の爪水虫外用薬

有効成分トルナフタートが爪の上からじっくりと素早く浸透。
トルナフタートは抗真菌薬として広く使用されており、
特に白癬菌【水虫菌】タムシなどの真菌感染症に効果が有ります。

Dr.G’s クリアネイルはこのトルナフタートを特許取得した
浸透技術で爪の中へ成分を浸透させ、爪水虫に強力に働きかけます。
Dr.G’s クリアネイルは現在特許を取得した

唯一の爪水虫専用外用薬です。

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ

爪水虫の原因とは


爪水虫の原因とは

爪水虫は爪と皮膚の間に水虫菌が入って起こります。

グリーンネイルは爪が十分な皮膚呼吸が出来ず
爪や爪の下にカビ(水虫菌)が発生してしまったもの。

主につけ爪やマニュキュアが原因です。
十分に消毒しないでつけ爪をつけたりすると
グリーンネイルになってしまいます。

爪水虫も水虫も水虫菌という細菌が原因です。


おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ
タグ:水虫 爪水虫

なぜネイルサロンや薬局でDr.G’s クリアネイルが人気なのか?


最初Dr.G’s クリアネイルはネイルサロンで話題となりました。
Dr.G's クリアネイルアクリルネイルやジェルネイルでよく起こりがちなのが、
“グリーンネイル”。 
爪とアクリル・ジェルネイルの間に隙間ができた時に、水が入り込み、
通気性が悪くなることで “カビ”となって爪が緑色に変色する現象です。

Dr.G’s クリアネイルには、ネイリストからの要望で開発され、
その効果のすばらしさから一気にネイル市場で人気に。

実はこのグリーンネイルは爪水虫と同じ真菌によるものです。
Dr.G's クリアネイルその後Dr.G’s クリアネイルは爪水虫にも効く
ということで薬局でも販売されることになりました。

配合されているトルナフタートと特許取得の浸透法が、
グリーンネイル(緑膿菌)や足の爪水虫(白癬菌)に有効とされ、
現在では爪水虫の塗り薬と言えば、Dr.G’s クリアネイル。

アメリカで圧倒的な人気の爪水虫用塗り薬です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。